スポンサーリンク

再活用が推奨される中古機械

中古の機械は、積極的に再使用していくことが推奨されるようになりつつあるのではないかと考えられています。様々なタイプの中古機械を必要とする人や企業などが存在するようになりつつあるため、このように再使用が強く推奨されてきていると言えるのではないでしょうか。また、機会を無駄にしないことにも直結していくとされていることから、この傾向は強く歓迎されていると推測されています。

従来に比べても、中古機械の数は飛躍的に増加してきているのではないかと考えられています。そのため、このような状況は多くの方面で確認されるようになってきているとみられており、機械を有効に利用することにも直結してきているのではないかと思います。このような傾向が強くなることに関しては、多くの業界や分野から注目されていくと考えられています。

今後は中古機械がより有効に利用され、再使用が推奨される機運も高くなるのではないかと予測されています。そのため、既存の機材を再び新たな目的に利用することが多くのところで実現されていくのではないかと見込まれており、関心が抱かれるでしょう。また、中古の機材を利用していきたいと希望する人も、次第に増加していくのではないかと思います。
norimono_crane


物流倉庫の必須アイテム、パレット

大量の荷物が入ってきた。スペースは確保しているが、空いているパレットがなく、どうしようか悩むシーンは少なくないであろう。物流業においてパレットはまさに必須アイテムである。

今回は材質によるメリット、デメリット、再生パレットの現状、さらには中古パレットについて論じてみようと思う。

【材質による比較】
最もよく見かけるのが木製パレットである。コストの面では最も有利でありかつ軽量でもある。また、修復が容易であるのもメリットの一つである。一方、耐重性が低く、耐用年数は非常に短く、腐食が発生しやすく、湿気に弱いといったデメリットがある。かつては最もありふれていたが、木材価格が非常に変動していることもあり、近年の生産量は減少傾向を示しているのが現状である。

次に多いのがプラスチック製パレットである。パレットに求められる能力として耐久性と重量があり、プラスチックは非常にバランスの取れた素材といえる。他にも、腐食に強い、コストも比較的安いといったところも、需要増えてきている要因と思われる。但し、一旦破損してしまえば、修復は殆どできず、産業廃棄物として処理しなければならないことが唯一の難点ではある。

数は少ないが、金属製パレットも存在する。メリットは非常に耐重性が高く、簡単には破損しないということがある。また、火災の際にも燃えないということも特徴である。しかし、重量があり、かつ高額であることがあることが最大のデメリットであり、適用できるシーンが少ないため、前述した2種と比べるとあまり出回ってはいない。

【再生パレット】
近年は再生パレットが増えてきている。パレットとして使用されていた木材を再利用して再びパレットにする、あるいは廃棄されたプラスチックを再資源化してパレットの素材にするといったことが盛んになっている。新品と比べて、強度が同等であるのに対し、安価であるといったことから、非常に需要が伸びている。プラスチックの再利用技術についてはまだまだ課題が多いのは確かだが、パレットに限らず、どの分野においても待望されているので、今後の発展に期待したいところである。

【中古パレット】
近年は資源節約の面から、あるいは安価であるといった理由から中古パレットを好む会社も増えている。かつ中古パレットの買取と販売を手掛ける業者も存在する。しかし、中途パレットはどこでどのような使われ方をしていたかが不明であり、未知数な部分が多い。良心的な業者でなかった場合、各個体の損傷状況をしっかりと見極められる人物がいない場合は、とんでもない欠陥品を掴まされることも考えられなくはない。

【まとめ】
どのような選択肢にも一長一短がある。重要なのは自社においてどのような選択肢が最良なのかを見極めることである。自社にとって何がベストなのか、それを検討することがコスト削減の第一歩といえよう。


今日は3か月に1度のリラックスタイム

3か月に1度、私は美容院に行くのをとても楽しみにしています。
電話で日時の予約をした瞬間から美容院に行く日が楽しみになり、当日は美容院に足を踏み入れた瞬間からリラックスモードになれるのです。

美容院はただ髪を切ってもらう場所というだけではなく、日常に疲れを癒してリラックス出来る場所でもあります。そして今日、3か月ぶりに美容院へ行ってきました。

シャンプーコーナーはまるで南の島のコテージにいるような雰囲気で作られているので、シャンプー台に仰向けになると心は南に島へ飛び、目を閉じながらどこまでも青い海を思い浮かべたり、ふと、友人達との女子会ならぬ女子旅行は南の島を提案しようかと思ったりもしました。シャンプーが終わりトリートメントをしてもらっている間にサービスのコーヒーをゆっくり飲みました。トリートメント中は効果を高める為に髪にスチームを当てているですが、そのスチームにふんわりと顔が包まれるのも気持ちがいいのです。スチームの潤いで顔がみずみずしくなるような気がします。
15分程でトリートメントが終わり、いつも担当してくれ美容師さんが髪を切ってくれました。

長年担当してくれている美容師さんなので、私の好みもよくわかってくれていて安心してお願い出来ます。伸びた髪にはさみが入った瞬間、本当にさっぱりしました。切ってもらっている間は心地よい時間が流れていきました。担当の美容師さんが切り終わって髪を乾かし終わると、別の美容師さんによる待望の15分マッサージ(有料)が始まりました。

マッサージをしてくれている美容師さんは、この美容院ではお客様に最高に満足してもらいたいという熱意を持っていて、その為にマッサージの勉強もしてきたのだそうです。近くのマッサージサロンよりも腕が良く、15分が終わる頃には肩と背中のこりもほぐれ、又私の気持ちもすっかりほぐれているようでした。あまりの気持の良さに日常の多少の嫌なことはこの時点でどこかへ吹っ飛んでいたこともあります。

窓からは小さくても綺麗な庭が見えて、花や木で車の通りや建物等の外の世界が見えないようになっています。美容院にはテレビがなく、心地よく流れている音楽を目を閉じながら聞くのも心が落ち着きました。このままこの心地よさに浸っていたいと思っているうちにマッサージも終わり、美容師さん達の笑顔のつられて、その頃には心身共にリラックスしている私も笑顔になれました。仕上げに鏡で自分の髪を見て今日も綺麗になれたことに満足しながら、せっかくだから久し振りにウインドーショッピングに行こうかと心もうきうきしてきました。今日は天気がいいからショッピングセンターまで歩いていこうかな、と思いました。今日は穏やかで、リラックス出来た楽しい1日でした。約3か月後に、又こんなにリラックスした午後にひと時を過ごせるの今から楽しみにしています。
hair_biyoushi


痛けりゃ痛いで、歯科医へはすぐに行くべきと痛感しました

先日、どうにも奥歯が痛かったので、行きたくは無かったのですが歯科医へ行くことになりました。
私は昔から苦手でして、行かなくて済むのなら行きたくはなかったです。しかしそんな信念をもアッサリとひん曲げるほど、私の奥歯は悲鳴を上げていたのです。
早速歯科医へ出向くと、私を担当してくれるお医者さんが登場してきました。私は内心「帰りたいな……帰りたいな……」と思いながらも、お医者さんの質問に対して真面目に答えていました。
その間も私の奥歯はズキズキと痛み、頭が混乱しそうになっていたのですが。
こうして問診が終わると、お医者さんは「恐らく奥歯の虫歯によるものでしょうが、親知らずが原因となっているかもしれませんね」と指摘してきたのです。

私は内心ドキリとしました。心当たりがある、というよりも原因はそれだろうと私自身も思っていたからです。
私の親知らずは変な方向から生えており、本来は真上を向かなくてはいけない面が横の歯に接しています。
これが非常に不便で、食べ物を食べれば詰まりますし、歯を磨こうとしても奥で狭いので磨けているのか常々疑問に思っていました。そこへ来てのこの虫歯の痛みです。私は「やはり来たか」と思いながらも、すっ呆けながら「え、そうなんですか?」なんて軽く演技をして自分自身に虫唾が走りました。

さて、どのような状態なのかレントゲンを撮って調べたのですが、これが予想通りの親知らず。横の歯に接している部分からその先が僅かながら色が変わっており、お医者さん曰くこの色が変わっている部分は虫歯ですとのこと。
素人目に見ても分かるその状態。もしや相当悪化しているということなんでしょうか。私が恐る恐る聞いてみると、アッサリと肯定。もう私は観念しました。

こうしてガリガリ削って治療をすると、痛みが全く無くなりました。私は嬉しさのあまり、もっと早く来ればよかったと本当に思ったものです。
ただ治療を終え、お医者さんより「親知らず、放っておくと良くないので抜きます?」とのお誘いが。
えっと……ちょっと考えさせていただきますね。


ブログによって生まれた少年サッカーの交流

10年ほど前に、埼玉に引っ越してから通勤途中で聴くラジオ番組の影響で、サッカーJリーグの浦和レッズのファンになりました。「サポーター」と呼んで貰えるほどではないので、ファンとさせていただきます。

浦和レッズの試合がテレビ放送される際には、欠かさず観戦していました。それだけでは飽き足らず、その試合毎の感想や、今後に期待することなどを書いてみたくなり、ブログを立ち上げました。ブログでは、浦和レッズに対する期待や要望を「届く訳もない」ながらも、発信していたつもりです。

そんなブログでも、何人か何度も繰り返し閲覧しにきてくれる方々が現れました。残してくれるコメントが、楽しみになったりもしました。その中で福島にお住まいの方が、私と同じように浦和レッズのファンであり、日頃スポーツ少年団でサッカーを指導されている方でした。「今度、少年団の子供たちを連れて埼玉スタジアムへ観戦しに行くことになりました~」とか「今度、泊まり掛けで埼玉県で行われるサッカー大会へ参加します」など色々コメントを頂いたりお返ししたりする中で、お互いのメールアドレスを交換しあい、日常的なコミュニケーションが取れるようになったのです。
それから数年後、私自身の長男が小学生になり、少年団でサッカーを始めるようになりました。勿論ブログへも投稿し続けていました。そんな折り、あの福島の方からブログの方へコメントを頂きました。「今度小学校低学年の大会を福島で開催するので、参加して頂けませんか?」とのことです。早速、所属する少年団の団長以下に、福島遠征について打診しましたが、低学年であるが故に難しいことが多々あることから、その時はお断りの返答をせざるを得なかったのです。

2011年の大震災があったこともあり、なかなか連絡が取れなかった時期もあったのですが、その間にもブログを覗きに来てくれていることは分かっていました。そして昨年、私の方から連絡を取り、福島のサッカーチームを私たちのチームが主催する大会へ招待することになったのです。ブログで繋がっていた、顔も知らない二人が本当に出会った瞬間でした。福島からわざわざバスに乗って参加してくれたことに感謝の気持ちを表し、子供たちは私たちチームに所属する子供たちの家へホームステイ。大人たちは、お酒を交わしながら交流を深めました。
ブログで繋がった二つのサッカーチームは、1年毎にお互いを行き来する間柄になりました。意外な交流の始まりではありましたが、ブログが広げてくれた繋がりに感謝です。
soccer_dribble2


ホームページの語源とその誕生の歴史

ホームページという言葉は、元々はウェブブラウザを起動した時に一番最初に表示されるページや、ホームボタンを押した時に表示されるページのことでした。それがいつしか誤用され、現在ではインターネット上で見ることのできるウェブサイト全般のことを指す言葉として定着しました。このような形で使用しているのは日本や韓国などごく一部の国のみで、多くの国ではブラウザのホームに設定されているページやウェブサイトの入り口のことを指す言葉として使われています。また、「HP」と省略して表示する場合もありますが、この場合もアメリカのヒューレット・パッカード社のことを指すことが多いなど、日本で使用しているものがそのまま通用しない場合があります。ここでは日本で定着しているウェブサイトという意味のホームページについてご紹介したいと思います。

世界最初のホームページは1990年にイギリスの計算機科学者ティム・バーナーズ・リー氏によって誕生しました。当時のページは文字とリンクだけのとてもシンプルなものでした。ファイル形式(拡張子)はhtmlです

開発当初は文字と画像を同時に表示できず、画像は別ウィンドウで開くものだったそうです。彼はこの時同時にウェブブラザと、ページを作成するためのHTMLエディタも開発しています。このシステムを開発したのはNeXTという企業なのですが、実はこの会社はスティーブ・ジョブズが作った会社なのです。現在の便利なインターネットはジョブズ氏がいなければ存在していなかったのかもしれません。
一方、日本で最初のホームページは、1992年9月30日、茨城県つくば市にある文部省高エネルギー物理学研究所計算科学センターに所属していた森田洋平氏が作ったものです。森田氏は開発者のティム・バーナーズ・リー氏と出会い、サーバーの設置を依頼されたのがきっかけだそうです。この日本最初のウェブサーバーとなった当時のサーバーは今でも現存し、高エネルギー加速器研究機構にて展示を見ることができます。


Gロッソ&池袋サンシャインシティ

先日、1泊2日で東京ドームシティと池袋サンシャインシティに行ってきました!
東京ドームシティでは、弟(3歳)の大好きなニンニンジャーショーをGロッソで見てきました!
私も弟と一緒になって日曜の朝からニンニンジャーをみていたのでなかなか楽しみにしていましたが、それよりももっと楽しみにしていたのが私の旦那・・・(笑)
弟の遊び相手にもなってくれていたこともあり、ニンニンジャーも一緒に遊ぶのに見ないとわからないからと言って、見ていてくれたので、初めてということもありすごく楽しみだったみたいです(^^♪

夕方のラス回を見たのでその日は、夕ご飯を食べて次の日に備えて早々に寝ました。
翌日、もともとベビーザらスに行きたかったので池袋サンシャインシティに連れて行ってもらいました。
予定を立てたときには、東京マラソン当日ということを全く知らなかったので、知ったときは道路も混むのでは・・・?と思いましたが、そんなことなく、すぐに目的地へ到着しました!

弟がちょうどお昼寝タイムだったので、先にゆっくり見ちゃおう!と、まずはベビーザらスに行きました!
赤ちゃんグッズを旦那と一緒に見に行くのは初めてだったのでルンルンでお買い物♪
かわいい肌着にファザーバッグ・マザーバッグ、体温計・・・
たくさん買えてとっても満足です!
そのほかにも、チャイルドシートとベビーカーの下見もして赤ちゃんをむかえる準備がだんだんできてきて楽しみが増えました!

そのあと、弟がお昼寝から目を覚ましたので、初めての水族館へ(/・ω・)/
休日だったこともあり、とっても混んでいました。
水族館のある屋上に行くための直通エレベーターも10分ほど並び、入場券を買うのにも、10分ほどかかりました。
初めての水族館でとてもワクワクしていた弟の顔をみたら、待ち時間も楽しめました。
私も子どもが生まれたら一緒に水族館に来たいな…♡なんて思いました!

人が多かったこともあり、途中で家族とははぐれてしましましたが旦那と2人で水族館を回れたのはちょっとラッキー☆笑夏に新江ノ島水族館に行って以来の水族館で私自身、水族館がすきなのでとても楽しめました!
特にクラゲが好きで、ミズクラゲの水槽を見つけて私は目がキラキラしてしまいました(笑)

そのあと、念願だったアシカのクルクル回ってる水槽!
すごいですね!!!あれは感動しました☺♡
小さなお子さんから、大人の方まで楽しめる演出です!

アシカのショーもタイミングよく見れて短い時間でしたがとても楽しめました!
弟も「楽しかった!また行こうね(o^―^o)」と言ってくれたので今回のお出かけは大成功でした!
出張ばかりの旦那とも会えたし家族みんなも楽しめたしとてもいい思い出になりました。


本物そっくりのアーティフィシャルフラワーで部屋を飾る

20160303a
昔はアーティフィシャルフラワーと言えば、いかにも作り物のようにみえていたものですが、最近は本物とそっくりで、生きているような感じの花が多くなっています。
100円ショップで売っているアーティフィシャルフラワーでも、かなりよくできていて、ちょっと部屋に飾るにはちょうどいいような感じのものが多くなっています。
部屋の中だけでなく、玄関などにも置いていると華やかな感じがして、インテリアデザインを本職にしていなくても、立派なデコレーションができるのでなにかと重宝するものです。
トイレの棚に飾ってもいいですね。
トイレは狭いところで生の花を飾るにはもったいないような場所ですし、玄関などにも生の花を飾るにはちょっとためらってしまいます。
最近のアーティフィシャルフラワーは本当によくできていて、値段もピンからキリまであるようです。
高価なものは特によくできていて、部屋に飾っていても本物の花を飾っているのと何の違いも感じないくらい自然な感じがします。
枯れてしまう心配がないばかりか、埃にさえ気を付けていれば、ずっときれいなままで飾っていられるので、とても経済的です。
でも、だれかにプレゼントするとしたらやっぱり生の花です。造花はあくまでも趣味とインテリアの一部として考えることがいいようで、誕生日のプレゼントなどにもらうには、やっぱり生の花がいいです。
造花はあくまでも造花で、生の花にはかないません。
でも、長持ちしていつでも綺麗なまま飾っておけるのでとても便利なものです。
部屋に飾っておいたらいつも花が咲いているような感じがして、華やかな気持ちになれます。
同じ花でも置き場所を次々に変えていけば、いつも新鮮な気持ちで花を見ることができるのでオススメです。
やはり生活に花があるといろんなことが違ってきて、豊かな気持ちになれますし、花がある生活を送ったら、花のない生活は想像すらできないくらい、大切な要素の一つになっていくのです。


めっき装置による車のパーツの防錆加工をしてもらった個人の方の事例

めっき装置が用いられる理由は、様々です。

主に法人の方々がそれを用いている事が多いのですが、

稀に個人の方もその装置を用いている事があります。

それもその装置を用いている専門業者に対して、

個人の方が依頼をしている事もあるのですね。

どういう事かと申しますと、

以前にある方が車のパーツの一部が気になっていたのだそうです。

そのパーツの一部に、ちょっとした欠陥が見られたようなのですね。

穴が開きそうな状態になっていたので、

一歩間違うとサビが発生してしまうと思った訳です。

車に対しては、サビは致命的ですね。

耐用年数が短くなってしまう事も多いので、

何としてもサビを防止したいと思ったそうです。

それで上記の方は、めっき装置を用いているある業者に

お仕事をお願いしました。車のパーツの一部に対して、

メッキ加工を施して欲しいという依頼をしたのだそうです。

そして加工をしてもらったおかげで、

車に対するサビの心配はなくなったようです。

それで上記の方は、とても喜んでいらっしゃったのですね。

つまりそれがめっき装置のメリットの1つです

人によっては、自分が持っている品物のサビが

心配な事もあるでしょう。そのような時には、

その装置による加工をしてくれる業者に依頼を

してみるのも一法ですね。


ネットフリマ

最近、某ネットフリマにはまっています〜。
登録料は無料で、フリーマーケットのように、自分の家に眠っている中古品などを出品できるサイトです。
まるでフリーマーケットのように、売り手と買い手の当事者同士で料金交渉をし、商品状態や配送方法など、双方が納得すれば売買が成立。
売り手は自分で買い手に発送をし、買い手が受け取ると、双方が評価をし合う、という仕組み。
そして、金銭トラブルなどが起きないようにするため、運営会社が金銭のやりとりを仲介してくれます。
買い手から商品に対する申し立てなどがあればそれも受けつけ、話し合いを促して、トラブルに発展することを防ぐそうです。
わたしも家に使ってない物とかけっこうあって、フリーマーケットに出店してみたいと思ってたのですが、何しろうちは車を持ってなくて、荷物を会場まで運ぶのがむり(^_^;)
それにそんなにたくさん売る物があるわけではなかったので、何かいい方法はないかな〜と考えていたところに!
テレビで、ネットフリマみたいなものが今流行っていると知り、さっそく手を出したのでした(笑)
やってみると…思った以上に売れます。正直おどろきました。毎日10万品の出品があるとかテレビでは言っていましたが、そんな中で自分の商品に目をつけてくれる人がいるんだな〜と、なぜかしみじみ(笑)
ただ、初めは配送料などの計算がピンときておらず、500円で出品してすぐ売れたのですが、なんと5円の利益にしかならず、これには自分でも笑ってしまいました。
だんだん慣れてきて、500円、1000円と利益を出せるようになりました。
お小遣い稼ぎにいい方法を見つけて、現在ネットフリマを満喫中です〜。
computer_tablet


スポンサーリンク