スポンサーリンク

子どもの熱が6日間続いていて心配です。

土曜日、主人が休みで子どもと一緒に外で遊んでいたとき、子どもが珍しくぐずっていました。
珍しいなと思いつつ、私は家事をやっていて、午後からは必要な物を買いに行っていいよと言ってくれたので、私一人で買い物に行きました。

その間、主人が子どもたちを見ていてくれたのですが、下の子の機嫌が悪く、お昼寝から起きた後、いつもは喜んでおやつを食べるのに、今日は食べないと言って連絡がきました。
食べないのはいいけれど、体調がどうなのか心配になり、熱を測ってもらうことにしました。

主人は普段、熱を測ったりもしないので、体温計の場所も知らなかったようで、上の子に聞いて持ってきてもらい、熱を測ったようです。
37.6度と言われ、微熱だからまぁ、暖かくしてゆっくり休ませておいてと連絡しました。

所用を済ませ、急いで帰ると、子どもは元気なく主人に抱かれていました。
顔が真っ赤で、もう一度熱を測ったところ39.2度で高くなっていました。

病院は休みだし、とりあえず様子をみようということで、少し食べられる物を食べさせて元々もらっていた薬を飲ませて早く寝かせました。
熱があり寝づらかったようで、何度も起きました。
かわいそうで、代わってあげたいくらいでした。

翌日、熱は下がりましたが、あまり元気がない様子。
友達と遊ぶ約束をしていたのですが、キャンセルして、自宅でゆっくり過ごしました。
上の子もいたので、少しは気が紛れたようですが、またお昼寝の後からぐずぐずで、体温を測ると39度近くありました。
食欲があるのが救いで、結構食べてくれて寝かせました。

そして次の日。
また朝には熱が下がり元気になっていましたが、念のためと思って病院へ行きました。
咳や鼻水も出ていたので、風邪と診断され、もしかしたらもう2日間くらい、熱が出るかもしれないと言われました。
いつもは、そういわれても大体続いても2日くらいで熱が下がるのでそんなに心配はしていなかったのですが、その日もお昼寝から起きるときには熱くなっていて熱を測ったら39.7度まで上がっていました。

お腹も痛いと言っていたので、病院に電話をして相談してみましたが、もしあまりにも痛がるようならまた来てくださいと言われました。
少し様子を見ていたら大丈夫そうだったので行くのをやめ、またその日も早く寝かせました。
さすがにぐったりしていたので、坐薬を入れたら少し元気になったように思いました。

また次の日、朝は元気な子ども。
やっとよくなった、よかったと思い、その日は幼稚園の教室に行ったのですが、抱っこちゃんでした。
体調がまだ本調子ではないからかななんて思いながら、家に帰り、また昼寝をすると起きてからぐずぐずで体温が上がっていました。
38.9度。
なかなか下がらない熱に、こちらも焦りや不安が込み上げてきましたよ。
どうして下がらないんだろう。。

元気もなかったので、病院へ行ったところ、採血とレントゲンを撮ってくれて、点滴もしてくれました。
採血の結果は、そんなに悪くなく、レントゲンも少し肺炎になりかけといった感じで入院するまではいっていないそう。
点滴をして様子を見ることに。
点滴をすると、少し元気になってきた子ども。
このままよくなってくれますようにと思い、夕食も少し食べて早めに寝かせました。

そしてまた次の日。
朝元気に起きる子どもを見てホッとしました。
ようやく熱が下がったし元気になった。
これでもう大丈夫。と思いきや、またぐずぐず。
触った感じ、体温は上がっていない気がしたのですが、念のため測ってみると38.8度。
全然でした。

病院は休みだけど、直接来てくれたら点滴が出来るからもし、熱が下がらなかったり元気がなかったら来てねと言ってもらっていたので、病院へ行きました。
また点滴をしてもらい、元気になって帰宅。
スヤスヤ眠っていますが、明日はどうでしょう。
もういい加減元気になってほしいです。
辛い姿を見るのはこちらも辛いです。


チタン製の印鑑には多くの魅力がある

実印の作成に今人気となっているのが印鑑の通販です。店舗と違い、家賃、光熱費、人件費等を安く抑えられるため、激安価格で実印を作成することが出来ます。
そして、その実印の素材として今注目を集めているのがチタンです。

チタン製の印鑑の一番の魅力はやはりなんといっても耐久性の高さです。
実印の素材といえば、象牙や牛角などが一般的ですが、象牙も牛角も衝撃に弱く、ぶつけるだけで欠けてしまいますし、摩耗に関しても進みやすいので、一生物にするにはかなり大切に扱わなければなりません。
ところが、チタンの場合は金属製であるため、高いところから落としたりしても欠けることはありませんし、摩耗もほとんどないので、一度作成すれば一生使用することが出来ます。

こうした耐久性は衝撃に対してだけではなく、火や熱にも優れています。象牙や牛角の場合は万が一の火災の際などにはすぐに燃えてしまいますが、チタンの場合は火の中にあっても原型を留められるので、万が一の火災が起こっても失わずにすみます。
そして、金属製と聞くと錆が心配だと考える方もいらっしゃるでしょう。ですが、チタンは金属の中でもとりわけ錆びにくい素材のため、長い間しまっていても錆びることはありません。

また、朱肉の付きも象牙と同じくらい良いので、力を必要とせずに綺麗に捺印することが出来ます。
このようにチタンには優れた点が多くあることから、最近ではネット通販を利用しチタン製の実印を作成する方が増えてきています。


気になるのは自慢の子供の進学先です

私には高校生の子供がいます。手前味噌で申し訳ないのですが、トンビが鷹を産むの典型例なのか非常に出来が良いのです。
子供が通う高校の偏差値も近隣の高校の中ではトップですし、その中にあって子供の成績も常に上位をキープしています。
もともと勉強が好きな子で、こちらから勉強をしろとガミガミ言った記憶はありません。一方で部活にもご執心で、大好きな野球に勤しんでいるようです。もっともこちらは成績が良くないですが。

そんな自慢の子供なのですが、親としては一つだけ気掛かりなことがあります。それは大学の進学先です。
子供の通う高校の大学進学率は100%なので、このまま行けば間違いなく大学へ進学することになるでしょう。それ自体は良いのですが、子供は現在理系の進学クラスにいます。こちらに在籍している子の多くは医学部を目指しているのです。
我が家は一介のサラリーマン家庭で、親戚にも医者はいません。それだけに我が家系から初の医者が誕生するかもしれないことは光栄なのですが、問題は先立つものです。

私なりに色々と調べてはみましたが、医学部とはこんなにもお金がかかるものなのかと愕然とした記憶があります。正直なところ、私の今の収入だけでは子供を私立大学へ通わせることはできません。
子供もそのことを感じ取っているのか、私立へは行かずに国立一本に絞っているようです。合格してくれれば問題は無いのですが、もし落ちてしまったらと考えると居てもたってもいられません。親の収入で子供の夢が断たれてしまうわけですからね。
というわけで、私はその時が来たら私立にでも何でも行かせようと腹を決めています。
daigaku_toudai


会社を設立したい 定款の認証を受けた後にする事

会社設立のためにしないといけない事は複数ありますが、ここでは定款の認証を受けた後にしないといけない事について解説します。
・会社に出資する
定款の認証を受けたら次にしないといけない事は出資金の払い込みです。出資金は現金でも不動産や有価証券などの現物でも大丈夫です。ただし、いずれの場合においても出資金が確実に払い込まれた事が確認できるように手続きしないといけません。まず現金で払い込む場合には会社の発起人名義の銀行口座を1つ用意して、そこへ出資する発起人全員がそれぞれの出資金を振り込みます。次に全額の振り込みが確認できる預金通帳のページをコピーするとともに、出資金の払い込みを証する書面をつくります。一方、現物出資がある時にはその財産を出資する発起人から会社へ確実に引き渡されないといけません。その時には発起人は財産引継書を作成します。引き渡し後は会社の取締役と監査役が調査をして、調査報告書をつくります。出資金の払い込みが終わればその日から2週間以内に会社の設立登記を申請します。
・会社の設立登記の申請
法務局に会社の設立登記を申請にする時には、認証を受けた定款の他に登記申請書と登記免許税納付用台紙、別紙(OCR用紙)、会社の実印を届け出る印鑑届書、その他の添付書類が必要になります。このうち別紙(OCR用紙)には登記する事項を書き込みます。またその他の添付書類というのは、例えば現物出資した時の調査報告書や財産継続書、取締役会を作った時の設立時代表取締役選定書などです。すべての必要書類が揃えばいよいよ設立登記です。本店所在地を管轄する法務局へ行って、登記受付窓口に書類を提出します。申請書類は法務局で審査されます。もし不備がある時には書類の訂正をしないといけません。訂正は担当者の指示通りすれば大丈夫です。審査が問題なく完了するか、補正を終わらせたら登記完了です。設立登記を申請した日が会社設立日になります。起業をして会社設立をする人は初めてだと分からないことだらけでしょう。頭が混乱しないように会社設立に必要な基本的な事を抑えておきましょう。


久しぶりのカラオケでブランクを痛感する

先日、仲のよい友だちと遊んだときに、久しぶりにカラオケに行きました。
遊ぶところはいくらでもあるので、普段なかなかあえてカラオケをしに行くことはほとんどないと言ってよいでしょう。
先日も他にも選択肢はいくつかあったのですが、友だちがどうしてもカラオケに行きたいというので、たまにはいいかと付き合ってあげました。
よく考えてみると、私自身は数年ぶりにマイクを手に持ったような気がします。

学生の頃は暇つぶしでよくカラオケに行ったし、飲み会の二次会では定番です。
しかし、もともとお酒が好きなわけでもありませんし、酔っぱらっている時間がもったいなく思えてしまいます。
なので、最近はめっきりお酒を飲む機会も減ってきたし、必然的に二次会のカラオケに行くことも減りました。
あまり積極的に行きたいとも思わないし、好きでもないのに行くものではないかなという感じがしています。

久しぶりにカラオケに行ったら、以前まで得意だった曲が歌えなくなっていたことに驚きました。
昔はもうちょっと上手く歌えたんじゃないかという思い込みかもしれませんが、それにしても全然歌えなくてショックを隠せませんでした。
曲自体を忘れていたりするのもありますが、高いメロディーは声が出なくなっていました。
年を取ったからなのか、それとも、久しぶりに大きな声で歌ったからなのか…はっきりしませんが、ブランクを感じずにはいられません。

前と比べて下手になったからと言って困るわけではありませんが、やっぱり歌っていないとノドが弱るということはある気がします。
カラオケを思う存分に楽しむためには、コンスタントにカラオケに行く必要があるもかもしれません。
いまだに友だちはよくカラオケに行くそうですが、どうやらカラオケで歌う曲はあまり以前と変わらないようです。
たまにはカラオケに行くのも、気分転換になったり目新しさがあったりするので、発声訓練のような感じで行くのもよいかもしれません。
karaoke_mike


繁忙期の引っ越しは大変…

数年前の2月、主人が急な人事異動で東京から神戸市へ転勤が決まりました。
主人は3月1日付で神戸で出勤せねばならず、それまで見ず知らずの土地への引っ越しを終えることができないため、偶然神戸市に住んでいる主人の親族を頼って引っ越しが落ち着くまで単身お世話になることになりました。
私は元々実家が遠方で東京が生まれ育った土地ではなかったことと、子供が当時1歳で学校の問題もなかったため、見ず知らずの土地への不安はありながら、主人についていくことには何の躊躇もありませんでした。

主人が親族の家にいつまでもお世話になるわけにもいかず、3月末までを目標にインターネットや知人を通じて転居先を探し始めました。
候補の物件がいくつか見付かった時点で子供を連れて神戸市で内見しましたが、どれも引っ掛かるところがあり、また一から探そうと落胆したところで、運よくに3月末から住める物件が1軒出たということでその日のうちに内見できて即決しました。

そこから引越し業者を探し、見積もりを3件行い、見積担当者の印象や作業スタッフに単発アルバイトはいないことを確認し、A社と契約をしました。

3月末の平日でしたが、遠方への引っ越し、超繁忙期、そして小さい子を抱えていたため荷造りを依頼したこと、費用は会社持ちということもあり、ほぼ値引きなしの金額を提示されて驚いた記憶があります。

自家用車も運搬していただくことになるとまた跳ね上がるため、引っ越し前の週末に主人が所用で東京に来た際に、神戸まで乗って帰りました。
自費の荷造りオプションを除いても、いくら会社持ちとはいえ申し訳なく思う金額でした。

見積担当者が部屋を見て回り、引越当日の朝から5名ほどのスタッフで荷造りをし、夕方5時には搬出、翌午前中に搬入の段取りになりました。
マンションの8F、60㎡ほどの2LDK、子供のものが一気に増えて一般的な3人分の荷物より多めかと自覚していましたが、プロが5人も集まれば一日で荷造りができるものなんだと信頼しきっていました。

貴重品や触れてほしくないものは予め自分で梱包したくらいで、当日1歳の子を抱えて作業に参加するのも限界があり、むしろ業者のやり方があるのでゆっくりしていてください、とお気遣いいただきました。
そこまでの印象はよかったのですが…。

正午になる頃でもまだまだかかりそうな印象の中、スタッフ全員が1時間半のお昼休憩に出たのです。
急いでもらった方がいいのは素人目にも明らかなのに、貴重な1時間半の間、作業がストップです。
戻ってきて作業が再開されましたが、約束の夕方5時になっても一向に終わらず、搬出は夜の8時を過ぎていました。
驚いたことに悪びれた様子は一切なく、急ぐ様子もなく出発していかれました。

その対応に違和感を抱きながら、子供を連れて新幹線に飛び乗って神戸へ移動、主人がお世話になっている親族宅へ着いたのは深夜。
翌朝、道路状況もあるだろうと、搬入時間を業者に確認したところ「まだトラックが到着していないので午後になります」と。
「見積もりでは午前の搬入でいただいています」と伝えたところ「こちらでは午後の段取りです」と謝る素振りもありません。
クレームを伝えましたが、それでトラックの到着が早まるわけでもなく、なるべく早い搬入をお願いするしかありませんでした。

結局午後2時頃にトラックが到着し作業が始まりましたが、単発のアルバイトは採用していない、ベテランのスタッフで行うのが売りですとまで言っていたのに、明らかに慣れていないスタッフが数名いました。
汚れた靴下を気にすることもなく新居へ上がり、垂れた汗も拭かず、搬入終了後に顧客の要望に応じて一つサービス作業を行いますとも契約書に書かれていましたが、それには触れもせず、遅延を謝りもせず、帰って行かれました。

今まで何度も引っ越しをしてきましたが、最も対応が悪く不衛生な印象を受けました。
大手でCMも流れていますが、見たくない聞きたくないほど、ずっと悪い印象を持ち続けています。

引っ越しに関するアンケートハガキがあったので、今回の出来事を書き連ねて訴えましたが、返答は一切ありません。
そこで真摯に対応していただけていたら印象も変わっただろうと思うと、残念でなりません。超繁忙期の遠方への移動で、業者側にしても何かと予定通り進まない事情もあったのかもしれませんが、謝罪の一言や一生懸命さ、後々の対応をしっかりしていただきたかったです。


服や靴やバッグよりも子供の服が欲しくなる

何か好きな物でも買えばと言われると嬉しいんですが欲しい物がないので困ります。
昔から物欲がない子と言われていたのは本当だったのだなと自覚しました。

母親は私が駄々をこねる姿を見たことがないそうで、だからこそ欲しい物を言ってきたときには買ってあげるようにしていたと言っていました。
不思議なことに小さいころから欲しい物がなかったんですね。
色々あって主人からまとまったお金をもらったはいいものの何に使えばいいのか全くわかりません。
主人も私の喜ぶ顔が見たかったようなのですが期待に沿えることなく残念です。

どちらかというと服とかよりも機械が好きなので家電でも見てみるかと思って出掛けたんですがあんまり欲しいと思う物がありませんでした。
新しいパソコンを買おうかと考えてみたけれどすでに一台あるしなあと思いとどまり、デジカメでも買おうかと考えてみたけれど使うシーンがないし持ち運びが面倒です。
デジカメ買うなら携帯での撮影でいいわと思ってしまいました。

こうも欲しい物がないとつまらないとでも言いたげに主人は不服そうなのですが、あるなら欲しいという物はあるんですよね。
調理マシーンとかあるなら三十万でも出しますもの。私の代わりに今日の夕飯をつくってくれるマシーンです。三十万から四十万なら現金で買います。
あとは衣類のシミを自動で落としてくれる機械ですね。子供が服をこれでもかというほど汚すのであれば間違いなく買っています。

主人はおそらく服とか靴とかバッグとかを欲しがってほしいんですよね。
主婦であろうと子供がいようとおしゃれでいてほしいというのは彼の昔からの希望です。
もちろん出産しても自分の外見には手を抜かないよと言っていましたが今は明らかに手抜きをしていますね。
正直に言うと自分がよく見える物より子供が幸せになる道具を買った方が心が満たされます。子供のためのお金じゃなくてお前のためなんだと一生懸命説明してきますが、ダメですよね。母親になったからにはやっぱり子供は大切なんだと身にしみて思います。
shopping_fasion


手作りの半襟で楽しんでます。

訪問着などのあらたまった装いの時ではなく、友達との食事会やショッピング、美術館へのお出かけなど、小紋や紬を着る機会も最近増えてきました。
あまり着物に詳しくない私。
長じゅばんの枚数も2枚だけ。
それをとっかえひっかえして着ていました。
恐ろしいことに半襟もそのままつけっぱなしにして洗うこともなかったので、ある日うっすらとした汚れに気づいてしまいました。

半襟だけ外して洗ったものの、ちゃんと元通りつけられるか不安でした。
本やサイトを探して見様見真似で何となくチクチクと縫い付けて、まあ縫い目が見えるわけでもないし、プラスチックの襟芯を入れてピーンとさせて。
ほらなんとかなりそうな感じです。
もっとも見る人が見れば文句を言われるのかもしれませんが、あくまで街着の範囲ですし。
・・・と、ほんと大雑把な性格ですよね。

「ま、いっか!」・・・と考えると、そもそも白い半襟にも飽きてきた自分に気づきました。毎回着替えるほどの衣装もちでははいので、白い半襟を模様の入ったものに変えたら雰囲気が変わりそう!
刺繍半襟は買ったら高いし、自分で好きなプリント布を買って縫い付ければ楽しそうじゃないですか。

持ってる半襟のサイズを計ったら16×110センチぐらいです。
早速生地屋さんでかわいいプリントを探しました。
いろんな柄があって楽しいですよ。
しかも少ない分量だから結構安くて、色んな柄がほしくなってしまいました。

小さい花柄やドット柄は抵抗なく使えそうです。
北欧のプリントはポップな感じです。
それと、着物や帯ではなかなか上級で挑戦しづらいインパクトのある柄も、半襟の分量ならば思い切って使えそうだわ、と買っちゃいました。
例えばスカル柄とか蜘蛛の巣柄、蝙蝠(コウモリ)なんかも。
おどろおどろしくてホラーなイメージのこれらの柄も、聞きかじりですが着物だと縁起がいい柄らしいですよね。
身に着けているだけで、魔よけになったり、福を呼び込んだり出来るなんて、本当に着物って素敵です
洋服の感覚だと敬遠しそうな柄を、近くで見てやっと人にわかるぐらいで使うのが私にはちょうどいいみたいです。

それに半襟の柄をきもの屋さんのショップのHPで探しているときにいいものを見つけてしまいました。
半襟を縫い付けたり、糸を切って外したりするのが面倒くさいズボラでぶきっちょな私にぴったりの「半襟用両面テープ」!!
1000円前後で売られていました。
結構昔からあったみたいだけれど、誰も教えてくれませんでしたよ。
自分でちょこちょこ手仕事しようとすると、きもの屋さんのHPは色んな便利グッズがあって宝の山。
勉強になるし、使ってみたくなるものがいっぱいですね。


再活用が推奨される中古機械

中古の機械は、積極的に再使用していくことが推奨されるようになりつつあるのではないかと考えられています。様々なタイプの中古機械を必要とする人や企業などが存在するようになりつつあるため、このように再使用が強く推奨されてきていると言えるのではないでしょうか。また、機会を無駄にしないことにも直結していくとされていることから、この傾向は強く歓迎されていると推測されています。

従来に比べても、中古機械の数は飛躍的に増加してきているのではないかと考えられています。そのため、このような状況は多くの方面で確認されるようになってきているとみられており、機械を有効に利用することにも直結してきているのではないかと思います。このような傾向が強くなることに関しては、多くの業界や分野から注目されていくと考えられています。

今後は中古機械がより有効に利用され、再使用が推奨される機運も高くなるのではないかと予測されています。そのため、既存の機材を再び新たな目的に利用することが多くのところで実現されていくのではないかと見込まれており、関心が抱かれるでしょう。また、中古の機材を利用していきたいと希望する人も、次第に増加していくのではないかと思います。
norimono_crane


物流倉庫の必須アイテム、パレット

大量の荷物が入ってきた。スペースは確保しているが、空いているパレットがなく、どうしようか悩むシーンは少なくないであろう。物流業においてパレットはまさに必須アイテムである。

今回は材質によるメリット、デメリット、再生パレットの現状、さらには中古パレットについて論じてみようと思う。

【材質による比較】
最もよく見かけるのが木製パレットである。コストの面では最も有利でありかつ軽量でもある。また、修復が容易であるのもメリットの一つである。一方、耐重性が低く、耐用年数は非常に短く、腐食が発生しやすく、湿気に弱いといったデメリットがある。かつては最もありふれていたが、木材価格が非常に変動していることもあり、近年の生産量は減少傾向を示しているのが現状である。

次に多いのがプラスチック製パレットである。パレットに求められる能力として耐久性と重量があり、プラスチックは非常にバランスの取れた素材といえる。他にも、腐食に強い、コストも比較的安いといったところも、需要増えてきている要因と思われる。但し、一旦破損してしまえば、修復は殆どできず、産業廃棄物として処理しなければならないことが唯一の難点ではある。

数は少ないが、金属製パレットも存在する。メリットは非常に耐重性が高く、簡単には破損しないということがある。また、火災の際にも燃えないということも特徴である。しかし、重量があり、かつ高額であることがあることが最大のデメリットであり、適用できるシーンが少ないため、前述した2種と比べるとあまり出回ってはいない。

【再生パレット】
近年は再生パレットが増えてきている。パレットとして使用されていた木材を再利用して再びパレットにする、あるいは廃棄されたプラスチックを再資源化してパレットの素材にするといったことが盛んになっている。新品と比べて、強度が同等であるのに対し、安価であるといったことから、非常に需要が伸びている。プラスチックの再利用技術についてはまだまだ課題が多いのは確かだが、パレットに限らず、どの分野においても待望されているので、今後の発展に期待したいところである。

【中古パレット】
近年は資源節約の面から、あるいは安価であるといった理由から中古パレットを好む会社も増えている。かつ中古パレットの買取と販売を手掛ける業者も存在する。しかし、中途パレットはどこでどのような使われ方をしていたかが不明であり、未知数な部分が多い。良心的な業者でなかった場合、各個体の損傷状況をしっかりと見極められる人物がいない場合は、とんでもない欠陥品を掴まされることも考えられなくはない。

【まとめ】
どのような選択肢にも一長一短がある。重要なのは自社においてどのような選択肢が最良なのかを見極めることである。自社にとって何がベストなのか、それを検討することがコスト削減の第一歩といえよう。


スポンサーリンク