ライフスタイル 一覧

スポンサーリンク

チタン製の印鑑には多くの魅力がある

実印の作成に今人気となっているのが印鑑の通販です。店舗と違い、家賃、光熱費、人件費等を安く抑えられるため、激安価格で実印を作成することが出来ます。
そして、その実印の素材として今注目を集めているのがチタンです。

チタン製の印鑑の一番の魅力はやはりなんといっても耐久性の高さです。
実印の素材といえば、象牙や牛角などが一般的ですが、象牙も牛角も衝撃に弱く、ぶつけるだけで欠けてしまいますし、摩耗に関しても進みやすいので、一生物にするにはかなり大切に扱わなければなりません。
ところが、チタンの場合は金属製であるため、高いところから落としたりしても欠けることはありませんし、摩耗もほとんどないので、一度作成すれば一生使用することが出来ます。

こうした耐久性は衝撃に対してだけではなく、火や熱にも優れています。象牙や牛角の場合は万が一の火災の際などにはすぐに燃えてしまいますが、チタンの場合は火の中にあっても原型を留められるので、万が一の火災が起こっても失わずにすみます。
そして、金属製と聞くと錆が心配だと考える方もいらっしゃるでしょう。ですが、チタンは金属の中でもとりわけ錆びにくい素材のため、長い間しまっていても錆びることはありません。

また、朱肉の付きも象牙と同じくらい良いので、力を必要とせずに綺麗に捺印することが出来ます。
このようにチタンには優れた点が多くあることから、最近ではネット通販を利用しチタン製の実印を作成する方が増えてきています。


本物そっくりのアーティフィシャルフラワーで部屋を飾る

20160303a
昔はアーティフィシャルフラワーと言えば、いかにも作り物のようにみえていたものですが、最近は本物とそっくりで、生きているような感じの花が多くなっています。
100円ショップで売っているアーティフィシャルフラワーでも、かなりよくできていて、ちょっと部屋に飾るにはちょうどいいような感じのものが多くなっています。
部屋の中だけでなく、玄関などにも置いていると華やかな感じがして、インテリアデザインを本職にしていなくても、立派なデコレーションができるのでなにかと重宝するものです。
トイレの棚に飾ってもいいですね。
トイレは狭いところで生の花を飾るにはもったいないような場所ですし、玄関などにも生の花を飾るにはちょっとためらってしまいます。
最近のアーティフィシャルフラワーは本当によくできていて、値段もピンからキリまであるようです。
高価なものは特によくできていて、部屋に飾っていても本物の花を飾っているのと何の違いも感じないくらい自然な感じがします。
枯れてしまう心配がないばかりか、埃にさえ気を付けていれば、ずっときれいなままで飾っていられるので、とても経済的です。
でも、だれかにプレゼントするとしたらやっぱり生の花です。造花はあくまでも趣味とインテリアの一部として考えることがいいようで、誕生日のプレゼントなどにもらうには、やっぱり生の花がいいです。
造花はあくまでも造花で、生の花にはかないません。
でも、長持ちしていつでも綺麗なまま飾っておけるのでとても便利なものです。
部屋に飾っておいたらいつも花が咲いているような感じがして、華やかな気持ちになれます。
同じ花でも置き場所を次々に変えていけば、いつも新鮮な気持ちで花を見ることができるのでオススメです。
やはり生活に花があるといろんなことが違ってきて、豊かな気持ちになれますし、花がある生活を送ったら、花のない生活は想像すらできないくらい、大切な要素の一つになっていくのです。


スポンサーリンク