友人にほうじ茶のティーバッグをもらいました

この前同性の友人とファミレスで会いました。
おいしいランチを食べ、!(^^)!会話もはずんでいました。

子供のこと、家事のこと、節約のことなど話題は尽きません。
時間があればいつまででも語り合えるのではないかと思われるほどでした。

この日は充実した時間が過ごせたと思っています。
やはり大好きな友人と会える時間は最高ですし、大事にしていきたい宝物です。

その後はお互い用事があるということで別れることになったのですが、
その時友人にもらったものがあります。
それはほうじ茶のティーバッグでした。

「親戚にもらったけど、好みじゃないからもらってほしい」とのことでした。
私は温かいお茶が好きですし、そろそろストックが切れてきた頃だったので
(^^♪喜んでもらいました。

ほうじ茶は香ばしい匂いが魅力ですよね。
緑茶も好きですが、それ以上にほうじ茶のほうが好きかもしれません。

一つのティーバッグで二杯分です。
普通は自分の分を入れたら夫にもいれてあげるものかもしれませんが、
我が家は基本個人が飲みたいときに飲む形式です。

だから私はいつも一人で二杯のお茶を飲むので、
飲んだあとはお腹がいっぱいです。
だけどそれが一種の(*^_^*)贅沢なんです。

おいしいほうじ茶をくれた友人に感謝しつつ、今日もお茶を飲んでいます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加