ダース・ベイダーを髣髴とさせる自動車

おじいちゃんの自動車が壊れました。

寿命と思われる年数をしっかりと乗ったので、

悔いはないそうです。

既に80歳手前のおじいちゃんですが、お付き合いも忙しく、

自動車のない隠居生活を送る覚悟は出来ていない様子。

当然の如く、ディーラーさんの登場です。

いわゆる不動車となった、

おじいちゃんの車をトラックで引き取りに来てくれました。

我が家でお付き合いのあるディーラーさんは、トヨタ自動車

呼べば直ぐに参上してくれるので、

おじいちゃんは長年お世話になっています。

そして、購入の相談と相成りました。

ディーラーAさん曰く、「頻繁に出かけないのであれば、

新車じゃなくても新古車や中古車でもいいかもしれません」

商売っ気のない言葉におじいちゃんは答えました。

「人生最後の新車になる」

この言葉、重みがありますね。

パンフレットを数冊いただいて、その日は終了しました。

結局、おじいちゃんが選んだのはアクアという自動車です。

割と小さめで、小回りが利きそう。

でもゴルフバッグも問題なく積めそうです。

そして、なんといってもおじいちゃんを

喜ばせたのは「ハイブリッド」だというところ。

得意そうに話してくれました。このアクア。

私は自動車に疎く、他のハイブリッド車についての知識は

皆無なのですが、

「こんなに静かに走るものなのか!」とビックリしました。

耳をすませていないと、いつ出かけたのか気が付きません。

でもその気配に慣れた頃に、

バックで車庫に入れる際の音に気付いたのです。

排気音なのでしょうか。

「シャー」というか「ハー」というか。

言葉で表すのは至難の技ですが、

例えるならダース・ベイダーが呼吸する時の音に似ています。

そう!

かのスター・ウォーズに登場する黒ずくめの悪役です。

前シリーズでは全てを鑑賞したので、

ダース・ベイダーは愛すべき存在となりましたが・・・。

そう思った途端、この音にとても敏感になりました。

この「シャー」とも「ハー」ともつかない音に

ダース・ベイダーを感じる、特別ともいうべき瞬間。

おじいちゃんは忙しく、毎日自動車で出掛けるので

欠かさず感じられるダース・ベイダー。

でも静か過ぎて、掃除機をかけていたり、

テレビを見ていたのでは気付けません。

よって、おじいちゃんに「いつ帰ってくるの?」

と声をかけることが習慣になりました。

家族内では、「おじいちゃん想いの孝行孫娘」で通っています。

実際に思いを馳せるのは、ダース・ベイダーなのですが・・・。

keirou_family

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加