痛けりゃ痛いで、歯科医へはすぐに行くべきと痛感しました

先日、どうにも奥歯が痛かったので、行きたくは無かったのですが歯科医へ行くことになりました。
私は昔から苦手でして、行かなくて済むのなら行きたくはなかったです。しかしそんな信念をもアッサリとひん曲げるほど、私の奥歯は悲鳴を上げていたのです。
早速歯科医へ出向くと、私を担当してくれるお医者さんが登場してきました。私は内心「帰りたいな……帰りたいな……」と思いながらも、お医者さんの質問に対して真面目に答えていました。
その間も私の奥歯はズキズキと痛み、頭が混乱しそうになっていたのですが。
こうして問診が終わると、お医者さんは「恐らく奥歯の虫歯によるものでしょうが、親知らずが原因となっているかもしれませんね」と指摘してきたのです。

私は内心ドキリとしました。心当たりがある、というよりも原因はそれだろうと私自身も思っていたからです。
私の親知らずは変な方向から生えており、本来は真上を向かなくてはいけない面が横の歯に接しています。
これが非常に不便で、食べ物を食べれば詰まりますし、歯を磨こうとしても奥で狭いので磨けているのか常々疑問に思っていました。そこへ来てのこの虫歯の痛みです。私は「やはり来たか」と思いながらも、すっ呆けながら「え、そうなんですか?」なんて軽く演技をして自分自身に虫唾が走りました。

さて、どのような状態なのかレントゲンを撮って調べたのですが、これが予想通りの親知らず。横の歯に接している部分からその先が僅かながら色が変わっており、お医者さん曰くこの色が変わっている部分は虫歯ですとのこと。
素人目に見ても分かるその状態。もしや相当悪化しているということなんでしょうか。私が恐る恐る聞いてみると、アッサリと肯定。もう私は観念しました。

こうしてガリガリ削って治療をすると、痛みが全く無くなりました。私は嬉しさのあまり、もっと早く来ればよかったと本当に思ったものです。
ただ治療を終え、お医者さんより「親知らず、放っておくと良くないので抜きます?」とのお誘いが。
えっと……ちょっと考えさせていただきますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。