日本はこ微細な精密加工技術は世界一なのです

測定器聞くと、聞きなれない言葉に何を図るものだろうと思いませんか?

ですが、測定器には実に様々なものがあるようです。

測定器と聞くと難しく思いますが『あるものの大きさを測る物』

という言葉に置き換えると、すぐに理解出来ますよね。

きっと、学生の頃、みなさんのペンケースの中にも

測定器は入っていたのではないでしょうか?

そう、定規や分度器といったものも測定器のうちの一つですよね。

定規といってくれればすぐに理解出来るのにと思ったかもしれません。

でも、測定器には、実に多くの種類があります。

私達に普段からなじみのある測定器と言えば、

定規、メジャーといった長さを測るものですよね。

それらは直接測定器といってノギスや三次元測定器、投影機などの仲間だそうです。

直接測定器というのは、測定したい物質を直接的に測ることができるもののことです。

そして、この反対となるのが間接的測定器です。

間接という言葉がつくと、さらに難しく感じてしまいますよね。

この間接即的測定にはネジゲージ、リングゲージ、

ダイヤルゲージなどが含まれるようです。

直接測定器の方が、私達の日常生活で目にする場面が多いかもしれませんね。

身近にある測定器を思い浮かべてみて下さい。

きっと、みなさんの自宅もたくさんの測定器があると思います。

例えば、洗面所においてある体重計もそうですよね。

人間の重さを測る測定器ということになります。

もちろん、料理で使用する『はかり』もそうですよね。

風邪を引いたときに、体温を測る体温計も測定器ですよね。

このように、私達の生活の中には、いろいろな『測定器』が溢れています。

では、測定器がない暮らしを想像してみて下さい?

測定器がなくて今の生活を維持することは可能ですか?答えは、当然ノーですよね。

体重が測れなかったら、身長が測れなかったら、視力が測れなかったら、

体温が測れなかったらと考え始めると、

測定器が生活の中に既に溶け込んでいることがわかります。

生活の中で、いろいろな測定器を子供と一緒に

探してみるのも楽しいかもしれませんね。

日本はこのような微細な精密加工の技術世界一なので、

様々な測定器が身近にあると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加