スポンサーリンク

今夜の晩ご飯

高校生の娘は、今夜は塾があるので、ひとりで少し早めに

晩ご飯を食べます。今夜は主人と二人、

夫婦水入らずの食事です。子供が大きくなると、

いつも一緒にいるわけではないので、

夫婦の時間がとても多くなります。

それが私にとってはすごく嬉しいことでもあるのです。

時々、飲みに行ったり、二人だけでこっそりランチに

行ったりして楽しみます。これは子供には内緒に

していることです。私が思うに、家庭が円満になる秘訣は、

夫婦の仲が良いことだと思っています。

子供はいつまでもそばにいるわけではありません。

大きくなるにつれて親から離れ、自立していくのです。

私にとって娘の自立は決して寂しいことではなく、

夫婦の時間ができて嬉しいことなのです。

独身の頃に戻ったような気さえするのです。

手をつないで、いっぱいお話して、たくさん笑いあって、

それが私の幸せの形です。

bansyaku


クレイアート

作業中にラジオ代わりにテレビつけてるんですが、おねんどお姉さんというワードはすごくインパクトがあると思います。

歌でも体操でもなく「おねんど」このニッチさがたまらないですね。

手芸お姉さんでもなく工作お姉さんでもなくおねんどを選択した真意が知りたいです。

あと「ねんど」じゃなく「おねんど」と丁寧なのがいいです。

語呂がよくなっています。

おねんどのために生まれおねんどを広めるためにテレビに出るお姉さん……。

実際の粘土製作っぷりも面白いですけれどね。

こどもたちがあそこまでやるのは大変でしょうねー

クレイアートのたぐいは苦手なので人の作品を見て面白いなーと思ってます。

百円均一グッズだけでフェイクスイーツ作っていらっしゃる人のブログがあって面白いです。

手先があまり器用ではないので、こういう人は尊敬しますね。

クレイアートってなんというか立体感覚がいる。

数学の立体問題的な感覚。

その感覚がないので基本的に見ているだけですけれどね。

ハンドクラフトのいろいろなグッズを見ていると面白いです。

たとえばいもけんぴヘアピンとか。

(いもけんぴをヘアピン化した謎グッズ。おそらく某少女マンガを元にしていると思われる)

私もやってみたいけど、ハンドクラフトってこう、置く場所がないじゃないですか……

ものが増えるじゃないですか。

それを考える時点で、私はハンドクラフトに向いていないのだろうなあと思います。

断舎利が流行る前から物を持たない生活ですよ。


たくさん買い物をする主婦をテレビで見た

テレビを見ていると、いろいろな特集があります。

特に「激安」とか「詰め放題」というものを見かけることは多いです。

その中で主婦が激安商品を手に入れたり袋に

大量の野菜やさかなを詰めたりしているのを見かけます。

その際、主婦は「お得ですよね」と非常に嬉しそうな顔をしています。

確かに物価が高く給料が上がらない時代なので、

安さや量に飛びつく気持ちはわかります。

私も日々節約を意識していますし、

少しでも支出が抑えられたらいいのにと思っています。

だけど大量に買ったところで、

それを食べきれるのだろうかという疑問が湧くんですよね。

テレビの中の主婦の家族構成はわかりませんが、

特に魚の詰め放題を見た時は消費しきれるのか

と心配になりました。

「安い」とか「大量」という言葉に踊らされ、

必要以上にモノを買っているのではないでしょうか。

使いきれば問題はありませんが、

余らせて腐らせたりしたらかえってもったいないです。

そういえば冷蔵庫の奥に食材が忘れられたまま

放置されたなんてケースもあります。

これはもったいないです。

やはり節約をするならば、冷蔵庫の中身を

把握した上で食べきれる量を買うことが

大切なのだと感じます。

私も安い商品は好きですが、

食材を余らせないように気をつけたいと思います。


ダース・ベイダーを髣髴とさせる自動車

おじいちゃんの自動車が壊れました。

寿命と思われる年数をしっかりと乗ったので、

悔いはないそうです。

既に80歳手前のおじいちゃんですが、お付き合いも忙しく、

自動車のない隠居生活を送る覚悟は出来ていない様子。

当然の如く、ディーラーさんの登場です。

いわゆる不動車となった、

おじいちゃんの車をトラックで引き取りに来てくれました。

我が家でお付き合いのあるディーラーさんは、トヨタ自動車

呼べば直ぐに参上してくれるので、

おじいちゃんは長年お世話になっています。

そして、購入の相談と相成りました。

ディーラーAさん曰く、「頻繁に出かけないのであれば、

新車じゃなくても新古車や中古車でもいいかもしれません」

商売っ気のない言葉におじいちゃんは答えました。

「人生最後の新車になる」

この言葉、重みがありますね。

パンフレットを数冊いただいて、その日は終了しました。

結局、おじいちゃんが選んだのはアクアという自動車です。

割と小さめで、小回りが利きそう。

でもゴルフバッグも問題なく積めそうです。

そして、なんといってもおじいちゃんを

喜ばせたのは「ハイブリッド」だというところ。

得意そうに話してくれました。このアクア。

私は自動車に疎く、他のハイブリッド車についての知識は

皆無なのですが、

「こんなに静かに走るものなのか!」とビックリしました。

耳をすませていないと、いつ出かけたのか気が付きません。

でもその気配に慣れた頃に、

バックで車庫に入れる際の音に気付いたのです。

排気音なのでしょうか。

「シャー」というか「ハー」というか。

言葉で表すのは至難の技ですが、

例えるならダース・ベイダーが呼吸する時の音に似ています。

そう!

かのスター・ウォーズに登場する黒ずくめの悪役です。

前シリーズでは全てを鑑賞したので、

ダース・ベイダーは愛すべき存在となりましたが・・・。

そう思った途端、この音にとても敏感になりました。

この「シャー」とも「ハー」ともつかない音に

ダース・ベイダーを感じる、特別ともいうべき瞬間。

おじいちゃんは忙しく、毎日自動車で出掛けるので

欠かさず感じられるダース・ベイダー。

でも静か過ぎて、掃除機をかけていたり、

テレビを見ていたのでは気付けません。

よって、おじいちゃんに「いつ帰ってくるの?」

と声をかけることが習慣になりました。

家族内では、「おじいちゃん想いの孝行孫娘」で通っています。

実際に思いを馳せるのは、ダース・ベイダーなのですが・・・。

keirou_family


時の記念日で

こんにちは~!!
マイ予定表をチェックしながら、「今月の予定は、何があるかな~。」って、
さっと目を通す瞬間があります。
6月は、父の日がマックスなんですが…。

虫歯予防や環境配慮、そして、何といっても
6月10日「時の記念日」も(*^_^*)好きな日です。
ちょっとした過去の振り返りや未来への期待などふと考える
いいきっかけになるんです。

よく“365”の数字を大切にしなさい
そこが基本です。→子どもに伝える時があります。
たまに、家族のお誕生日や良い意味でもそうでなくても
予定外もあるので“345”も大事にしています。
積み重ねの時間です。

「時は金なり。」「時の経つのは早いものですね~。」など、
普段の生活で『時』=『時間』として送っています。

せっかくなので、1920年に定められた「時の記念日」は、
時間を大切にする1日として過ごしてみようと思っています!!

(^^♪それでは~


マクロビを実践する方へ無農薬食材のアドバイス

最近、マクロビオティックを実践している方が日本でも
増加していると聞きます。

マクロビは基本的には「玄米菜食」を基本として食事をする
食事法でこの食事法を続けることにより、持病が治ってきたり、
気分が晴れてきた、元気が出てきた、気分が安定してきたといった
効果を(*^_^*)よく聞きます。

こういった感想が多い中、マクロビに興味を持ち始める方も多いようです。
マクロビは玄米お米といった炭水化物メイン食材になりますが、
これからマクロビを実践してみようという方は、(?_?)どのような食材を
選べば良いのでしょうか。

まず基本としてあげられるのは、無農薬お米玄米
選ぶということです。

農薬は身体に(>_<)害を与えるモノとなりますので、
身体が弱い方は農薬の多い食品を摂取し過ぎると、
体調を崩す可能性があります。

中には、無農薬のお米や玄米には(>_<)虫食いとかあるのではないか、
と心配する方もいらっしゃいますが、炊飯器などを使い
高熱でお米や玄米を加熱するため、虫がいたとしても
死滅させることができます。

もちろん、お米や玄米を水洗いする際に目に見えないくらいの
小さなゴミや虫を除くことができるので、気にするほどのことではありません。

無農薬のお米や玄米は、近くにオーガニック食材専門店があれば
そこで、もしなければ楽天やヤフーショッピンなどのネットショップで
手に入れると良いでしょう。

人によって効果は(^_^;)まちまちかと思いますが…
マクロビオティックを実践して、生き生きとした毎日を(^^♪送れることを願っています。


時にはマイナスの気分になるから、一人で泣いてスッキリします

情けないことに私はネガティブな性格が強いです。

物事を悪い方向に考えてしまったり、些細な事でくよくよしてしまったりします。

そのため他の人に比べると暗い気持ちになることが多いですね。

人前では抑えていますが、家で一人になると精神がひどく落ち込むことがあります。

少し調べてみると、無理して元気を出そうとするとかえって逆効果になるとありました。

確かに無理して笑おうとしても、辛くなることがあります。

そこで聞いていて悲しくなるようなメロディの歌を聞いてみることにしました。

そしたら涙がぼろぼろとこぼれましたね。

その歌詞が非常に共感できるものだったので、深く胸にささったんです。

この時、泣きたいときは泣いたほうがいいと実感しました。

今では一人の時、時々泣いています。

感動系の映画を見ることもあれば先ほどのように悲しい音楽を聞いて泣くこともありますね。

人はポジティブを良しとしてネガティブを悪とする傾向がありますが、

私はネガティブな感情も大事だと考えています。

だってそれが人間ですし、人間が持つ感情の一つだからです。

思い切りネガティブな感情にひたることで気持ちが楽になり、前向きにもなれるんですよね。

だから自分自身のために、一人の時は自身の気持ちに正直になる道を歩んでいきます。

nikibi_girl


幅広い年代の人々が受けているインプラント治療

近頃では、多くの人々がインプラントの治療を受けるようになり始めていますが、

幅広い年代においてこのような傾向が強く見受けられるように

なりつつあるのではないかと推測されています。このような傾向は

全国の複数の地域で見受けられるようになってきており、

こうした歯科治療が定着してきていると言えるのではないでしょうか。

また、治療の安全性や仕上がりなど、複数の側面が評価されていることも

関与していると考えられています。

かつてに比べて幅広い年代の人々に対して、歯科でインプラントの治療が

推奨されたり、治療の選択肢の一端として提示されたりするようになってきています。

こうした動向も治療の普及に繋がってきていると考えられており、

大きく注目されているのではないかと思います。

この治療によって歯を良い状態にすることができたと実感する人も、

様々な年代において見受けられるようになってきていると考えられているため、

関心の度合いも向上してきつつあります。

今後もインプラントの治療は、幅広い年代の人たちが実践するように

なっていくのではないかと予測されています。これまでに比べて治療の際に

利用される技術や設備が台頭していくことも見込まれるようになり始めているため、

年代に関係なく治療が簡単に受けられる環境が構築されていくのでは

ないかと思います。そのため、現在に比べて多くの人々から、

このような歯の治療方法に対する興味が示されるようになっていくのではないでしょうか。

友人は和泉市でインプラント治療出来る歯科を探して通っています。


歩くことは健康にいいですよね

私が家で(^_^;)やることといえば家事くらいですし、
運動は昔から(-“-)好きではありませんでした。
特に学生時代の体育の時間は大嫌いで、早く終われといつも念じていましたね。

そんな私ですが、年齢を重ねた現在、運動不足が(ーー;)気になっています。
体重は標準的ですが身体が(>_<)重い感じがして、
運動したほうがいいのかな?と思い始めたんです。

だけど水泳は(>_<)嫌だし、走るのも(ーー;)好きじゃない。
そんな私に何ができるかと(?_?)考えてみると、ウォーキングでした。
近所にはゆっくり歩くことのできる場所があり、ウォーキングにはうってつけです。

さっそく必要最低限の荷物(鞄、財布、スマホ)を持ち、
歩きやすい格好で!(^^)!歩くことにしました。

天気が良かったこと、空が綺麗だったこともあり(^^♪楽しかったです。
ぽかぽかとしていて、帰宅した時には程よい(^_^;)疲労感
心も満たされていた気がして、これは心身ともに健康になれるかもしれない
と思ったので、少し!(^^)!続けたいと思います。


絵画で健診に対する不安な気持ちが落ち着いた

私は自由業に従事していますので…
会社による定期健診というものが(^_^;)ありません。
それだと、自分の健康管理は自分でしていかなければならず、
健診も自ら積極的に(ーー;)申し込まなければならないです。
そんなとき、ちょうど良く自治体から無料で受けられる健診の知らせがありました。
そして、その健診を先日!(^^)!受診してきました。

そのとき思ったのですが、健診を受ける前はとても(>_<)不安な気持ちで
いっぱいになります。
たとえ何か持病を抱えているわけではなかったとしても、
具体的な症状が出ていなかったとしても、
病気に対する(>_<)不安な気持ちは強いです。

それは年齢に関係なく、たとえ30代であってもそれよりもっと若かったとしても
感じてしまう(>_<)不安なのだと思います。
病気は誰に対しても((+_+))恐ろしいものなので、
人間であればその不安は感じて当然です。

そして、そんな不安に思う患者の気持ちを汲み取っているのか、
健診センターの待合室に絵画が飾ってありました。
最近ではレンタル絵画を病院が利用しているという話を聞いていましたので
「もしかしたらそれかもしれない」と思って、
その絵画をじっくりと鑑賞していました。

それは絵画そのものに興味がわいたというわけではなく、
絵画をじっくりと鑑賞することで検診に対する不安をなきものにしようと
(-“-)無意識的に考えたのだと思います。
絵画をじっくりと鑑賞していた時間は、もしかしたら1分にも満たないかもしれません。
しかし、それをしたことによってスッと気持ちが(*^_^*)落ち着きましたし、
心を乱すことなく健診を始めることができました。

そうして患者の心を平静に保たせるのがその絵画を飾ってある意味でしょうし、
それがもしもレンタル絵画だったら、なかなか患者のことを考えている
病院だと(*^_^*)賛辞を送りたいです。
そうしたちょっとした配慮ができている病院というのは好感が持てますし、
レンタル絵画やリースのシステムがとても大事だとわかりました。


スポンサーリンク